10月19日 月曜日曇りのち雨 寒さます 外気温、朝13度 

 

東海地方に深夜に地震、鈴鹿は震度2かな少し揺れましたが久々の地震でした目が覚めました。

 

チョットビックリです( ´艸`)

 

今回はW様のバイク ホンダジョーカー50 2サイクル 煙はいて走るスクーター

 

今の若い人は珍しいかも(笑)

 

昨日出来上がりのジョーカー50の修理内容

 

この車両、懐かしく感じるぐらいになってしまいました

 

やはりいろんなところから異音がしています、お客様のご意向で総点検いたします

 

まずはフロントの足回りのグリスアップ、タイヤ交換ブレーキオイル交換、他

 

やりだすとさすがに時間かかります

 

  

 

次は駆動系ベルト交換、ローラー点検 

キックシャフトの戻りが緩慢なため分解清掃このギアの溝にクラッチの粉が溜まります

 

戻りが遅くなり放置しておくとキックできなくなります、走行風で冷却と粉塵を逃がすようになってはいますが

 

無理があります、よって定期的に清掃が必要になりますこれで暫くは問題なく乗っていただけます。

 

 

 

 

10月14日 水曜日 晴天 一番過ごしやすい時期、最高の日よりが

 

色んな修理が( ^ω^)・・・ まずはR-25 のピストンなかなか見れない代物です

 

4サイクルエンジンでもこうなりうる、町乗りではまず考えられませんが

 

レースではやるべきことをちゃんとやらないとこうなるという悪い標本です

 

見事であります、こんなことをネタにするのは良くないのは分かっていますがあえて

 

してみました

 

まるで2サイクルの焼き付きです( ´艸`)2サイクルが焼き付くともっとひどくなることも

多々ありました、が4サイクルではオイルレスで走られた車両は2回ほどありましたが( ´艸`)

今回はいくらレースでぶん回しての走行でもここまでになるとは想定外、

シリンダーももちろん使い物になりません、まずは原因を探ってはいきますが

時間かかりそうです、おおよその原因は分かっていますが確定ではありません

さてまた壊れなければいいのですが原因が分かれば又UPします。

 

 

10月7日 水曜日 朝は晴天昼過ぎからポツリと雨がPM5:30 雨になり寒くなってきました

 

台風が虎視眈々と狙いを定めてやってきそうです暫くは雨続きの日々が続くことでしょう。イヤデスナ〜

 

本日はZRX400この車両1996年の車両ですいまだ現役業者さんからの修理依頼です

 

入庫してすぐにガソリンがクランクケースに流れ込みガソリンタンクは空、ケースは満タン、エアクリーナーBOX 

 

もガソリンでイッパイ原因はユーザー様が初心者のようでGコックの扱い方を知らなかったのでしょう

 

そこへキャブの不調が起きオーバーフローが起きエンジン内にガソリンが流れ込んだようですここまでは

 

問題なく処理できて全て修理しエンジンも快調と思いきやなんと数分で不調3番、4番が燃焼せず

 

あれ?なんだ〜電気系かなスパークプラグ外してみるが問題なさそう火花もOK

 

もう一度挑戦あれ問題なく始動暫くは調子はいい、数分後又同じ症状なんじゃこりゃ???

 

又プラグ外すが綺麗に燃えている、最初は正常、数分後は3.4番が異常

 

多分電気系と思いイグナイターを疑うが廃版、ヤフオクで出ていたので購入

 

これでOK直ると思いこむ、( ´艸`) イグナイター到着早速交換してみるOKではなかった

 

全く同じ症状が・・・‥落ち込む迷路に嵌り込むなんだ????????????????

 

もう一度最初から考え直す、電気OK、がそりんOK,圧縮OKじゃ〜なんだ

 

ひょっとするとあれか?思いつくGタンクとキャブレターの間に入っていたフィルター

 

よく見てみるとガソリンが少ししか見えない何か怪しいてことでGタンク外し点検写真下

 

何とプライミングにしてもガソリン落ちてきませんなんてこったフィルターが目詰まりして

 

キャブレターに十分に供給されていませんセル回せばポンプ働き少しは落ちるのだろうが

 

それでは足りません、フィルターを取り外し直通にした結果すべてOKよかったよかった

 

それにしてもこのフィルターにやられました( ´艸`)今後このフィルターは

 

私の頭の中ですがNGです、すぐ忘れそうですが・・・・・・?

 

フィルター付けるのであればろ紙タイプはやめ網タイプにするべし教訓でした大笑いです。

 

 

次はこれは組み間違いのケースです誰もがやることかも?でもこれはダメなやつ

 

写真下

 

最近他店で買われたでバイクですが修理依頼いろんなパーツ交換

 

最後にシートを取り付け終わり、すると目に何か違和感が最近老眼ではっきり見えませんが

 

どれどれメガネかけ確かめると、う〜んこれはダメです、配線が変形しています

 

シートの裏の樹脂が配線を痛めつけています、ライダーが座ればなお配線は扁平になります

 

昔のシートだと裏が金属です、ショートしてしまい走行不能になっていることでしょう

 

樹脂でよかった、写真下ヒューズBOXが上下が逆に組み付けられています

 

もう少し乗られていれば何かが起きたことでしょう 煙もくもくかも

 

写真下

この方向が正解です、だれが組んだか誰にでも間違い話あります

 

自分にも言い聞かせています私も何年やっても色々あります

 

 

 

10月2日 金曜日 秋晴れ ツーリング日和ですよ皆さんコロナ関係なしに楽しみましょう   か❓

 

カワサキバリオス供/閉従況ですK様ほとんど出来上がっていますあと少し

 

本日ホイール入荷したのでフロント周りは完了

 

インナーチューブゴールドで中々です

 

後はメーターカバーは❓いかがいたしましょうか。パーツ探してください

 

マグネットカバーは交換しました、ステーターコイルは無事なようですがまだエンジン

 

始動していないので100%OKとは言えませんが( ^ω^)・・・

 

完成まであと少しですパーツの手配よろしくです。

 

 

9月25日 金曜日  朝から雨、午前中は大雨、、午後から止みだし、6時前からまたもや雨降りだす明日はいいお天気だそうです

 

今の時代このようなアイテムが必要になるとはやはりもしもの時には有るとないとでは大きな違いがあるようです

 

お客様も必要性を感じて依頼されましたがバイクには中々取り付ける場所がありません

 

何処にするか?いろいろ悩んだあげくフロントはここ(写真)ラム圧の通路に鎮座させましたがさて?

 

ひとまずはここで様子見ですこれがかなりの時間かかります、今回はカウルの脱着が必要な修理だったため

 

作業的には問題ないのですがカメラ単体の取り付けだと工賃が・・・・かなりです

 

 

バックカメラはここ(写真下)ステーを作って取り付けましたが振動で綺麗な画像が撮れるかな?

 

心配ですが今のは高性能だからそこに期待しよう。

 

 

そして小さなBOXは色んなアイテムがありぎっしり今のバイクは

 

カッコいいのですがスペースがなく苦労します

 

 

そしてついでにプラグ交換です (写真下)

 

このカバーが曲者でちゃんと取り付けないと何もかもが取りつきません

 

私に場合このカバー外し手から時間たちすぎてカバーの存在さえ忘れて込み付け終わってから

 

このカバーが目に入りなんてこったまた最初からやり直しでした、

 

ま〜面倒なこと時間数倍掛かりました( ´艸`)

 

 

 

9月22日 火曜日 晴れのち曇り 台風22号が列島に近づきつつあります夕方になると涼しい風が吹きだしています雨もポツリ

 

雨台風かな何事もないように。

 

本日は月初めにお預かりしたモンキー改のシリンダーヘットの交換&オイルクーラーの取り付け他、調整

 

残念ながらこの種のデーター知識を私は持っていません組み付け走行して満足していただけなければ

 

再度分解、して試行錯誤しなくてはなりませんが( ^ω^)・・・

 

いかなる返事が来るか、パワー不足は百も承知ですがでも乗りやすいかも

 

一度走行してみましたがチョット私には慣れていないためこの車両の走行は難しかったです

 

 

オイルクーラーの取り付け バルブクリアランスは0.05mmIN,EX共

 

圧祝圧力はう〜ん低すぎですがさてどうなることやらまずはオーナー様に一度乗ってみてもらってから

 

決めます。

 

9月19日 土曜日 晴れ 朝夕は涼しい早くも秋 このすごしよい日々がいつまで続くやら

 

久しぶりにZRX400キャブレターのオーバーホルこの車両もキャブレター外しにくい厄介なバイクの一台になります

 

だいたいがこの時期のキャブ車にはよくあるタイプでエンジンの後ろにキャブレターが装着されていると

 

めんどうになりますまだこのZRXはエアクリーナー側のエアーファンネルが柔らかく少しはたすかりました

 

これが硬化したバイクだともう大変こちらの手が痛くなるぐらい、その時は熱湯でぐにゃぐにゃにして組み込みます

 

手が暑いが楽になります

 

 

暫くはインテークも封印

 

エンジン始動不良で入庫クランクケースにガソリンが10L位入っていました

 

中々ですなぜこうなったか?〜さてバキュームポンプ付いたコックです

 

エンジン始動しないとガソリン落ちませんなのに?原因突き留めないと

 

年数たっているがフロート&パッキンは交換されている様子

 

写真下

パイロットスクリューです、このスクリュー、始動&アイドリング、低回転領域に大きな役目をします

小さいパーツですがとっても重要なパーツになります

組み付ける場合は軽くいっぱいまで締め込み2回転戻しです戻すとガソリンは濃くなります、マスター合わせといいます

これでほとんどOKです、今はインジェクション、キャブレターあまりばらしたことのない方の

参考になれば幸いです。オーバーホールして正常に戻ることを期待して組み込みます( ´艸`)

 

 

9月6日 曇りのち時々嵐 台風10号が九州を伺っていますこの台風非常に大きい巨大な台風

 

大きな災害が起きなければ良いのですがこればかりは・・・・ないことを祈るしか。

 

本日イエローモンキーの非常に綺麗な塗装の車両です

 

エンジンの分解組立を行いましたがチョットこのセットでは?

 

ひょっとするともう一度ばらさなくてはいけないかも

 

お馬様が少し足らないかな?

 

残念ながらモンキー専門ではないので組み込んで走らさないと解りません

 

データーがないと苦しいです

 

 

 

次はヤマハR-6のスイングアーム&アクラボのマフラー交換

 

リヤサス&ホイールも高価なが付いています、ずいぶんお金かかっています

 

今回はリヤスイングアーム交換でサクサクとはいかないが交換します

 

リンク回りもグリースアップこれで動きも良くなることでしょう

 

アクラボのマフラーも新品に交換です、フルエキはそれなりのお金かかります

 

高いですね〜ほんと

 

 

 

 

 

 

8月27日木曜日 朝早くからたたきつけるような大雨おかげで少し和涼しくなったかな?あまり変わりません?でした。

 

久しぶりのカタナ400業者さんからの依頼で不調原因をさて原因は何かな、まずは圧縮圧力

 

各気筒プラグ外して同じことを4回やります写真下

 

結果異常なし、各気筒14Kg/cm2前後、 この工具も30年位使い込んでいます

 

そして今日寿命が来ました誰かがコンプレッションゲージ落としました何もしなくても振り切っています( ´艸`)

 

犯人はやはり私(´;ω;`)今日の売り上げ飛んでいきました😢

 

 

 

めげずにキャブレターのバランス調整を写真下

 

この工具も30年もの微調整で正常です、さて後は何が原因かなおおよその

 

原因は掴めました明日の朝掛かり具合を見てから判断します

 

辛い一日でした。

 

 

 

8月24日 月曜日 快晴 気温は高いが空気は爽やかかな強烈な暑さは感じない一日でした

 

中々珍しいバイクが修理のため入庫いたしました、よくここまでできたものだと感心しました

 

このバイクのお値段はさて?結構高いでしょう

 

ジャイロをぶった切ってフロントはディオZXを移植されています

 

カウルは全て作り変えてありますロゴは四輪のロゴが貼り付けてクリアーで仕上げられています

 

フロント、リアのHマークも凹みをつけて貼り付けていますさすがです。

 

横からよーく見るとかなり強引なところも見受けられます

 

ちょっと、フロントが寝過ぎているかな、でも直進安定がいいからこれはこれでOKかな

 

 

 

 リア側から

 

無限のロゴカッコいいですもちろんHも中々です

 

ブレーキ キャリパーにも無限のロゴが 凝ってます

 

これもまたお洒落なフロントホイールです何気なくお洒落にきめていますフロントホイール

 

よく見ると何かがありません、そうです空気を入れるバルブがありませんお洒落です

 

勿論空気は入りますので問題はありませんがこだわるとこうなるのですね

 

珍しい車両でした、修理内容はフロントフォークのオイル漏れでした。