9月19日 土曜日 晴れ 朝夕は涼しい早くも秋 このすごしよい日々がいつまで続くやら

 

久しぶりにZRX400キャブレターのオーバーホルこの車両もキャブレター外しにくい厄介なバイクの一台になります

 

だいたいがこの時期のキャブ車にはよくあるタイプでエンジンの後ろにキャブレターが装着されていると

 

めんどうになりますまだこのZRXはエアクリーナー側のエアーファンネルが柔らかく少しはたすかりました

 

これが硬化したバイクだともう大変こちらの手が痛くなるぐらい、その時は熱湯でぐにゃぐにゃにして組み込みます

 

手が暑いが楽になります

 

 

暫くはインテークも封印

 

エンジン始動不良で入庫クランクケースにガソリンが10L位入っていました

 

中々ですなぜこうなったか?〜さてバキュームポンプ付いたコックです

 

エンジン始動しないとガソリン落ちませんなのに?原因突き留めないと

 

年数たっているがフロート&パッキンは交換されている様子

 

写真下

パイロットスクリューです、このスクリュー、始動&アイドリング、低回転領域に大きな役目をします

小さいパーツですがとっても重要なパーツになります

組み付ける場合は軽くいっぱいまで締め込み2回転戻しです戻すとガソリンは濃くなります、マスター合わせといいます

これでほとんどOKです、今はインジェクション、キャブレターあまりばらしたことのない方の

参考になれば幸いです。オーバーホールして正常に戻ることを期待して組み込みます( ´艸`)

 

 

9月6日 曇りのち時々嵐 台風10号が九州を伺っていますこの台風非常に大きい巨大な台風

 

大きな災害が起きなければ良いのですがこればかりは・・・・ないことを祈るしか。

 

本日イエローモンキーの非常に綺麗な塗装の車両です

 

エンジンの分解組立を行いましたがチョットこのセットでは?

 

ひょっとするともう一度ばらさなくてはいけないかも

 

お馬様が少し足らないかな?

 

残念ながらモンキー専門ではないので組み込んで走らさないと解りません

 

データーがないと苦しいです

 

 

 

次はヤマハR-6のスイングアーム&アクラボのマフラー交換

 

リヤサス&ホイールも高価なが付いています、ずいぶんお金かかっています

 

今回はリヤスイングアーム交換でサクサクとはいかないが交換します

 

リンク回りもグリースアップこれで動きも良くなることでしょう

 

アクラボのマフラーも新品に交換です、フルエキはそれなりのお金かかります

 

高いですね〜ほんと

 

 

 

 

 

 

8月27日木曜日 朝早くからたたきつけるような大雨おかげで少し和涼しくなったかな?あまり変わりません?でした。

 

久しぶりのカタナ400業者さんからの依頼で不調原因をさて原因は何かな、まずは圧縮圧力

 

各気筒プラグ外して同じことを4回やります写真下

 

結果異常なし、各気筒14Kg/cm2前後、 この工具も30年位使い込んでいます

 

そして今日寿命が来ました誰かがコンプレッションゲージ落としました何もしなくても振り切っています( ´艸`)

 

犯人はやはり私(´;ω;`)今日の売り上げ飛んでいきました😢

 

 

 

めげずにキャブレターのバランス調整を写真下

 

この工具も30年もの微調整で正常です、さて後は何が原因かなおおよその

 

原因は掴めました明日の朝掛かり具合を見てから判断します

 

辛い一日でした。

 

 

 

8月24日 月曜日 快晴 気温は高いが空気は爽やかかな強烈な暑さは感じない一日でした

 

中々珍しいバイクが修理のため入庫いたしました、よくここまでできたものだと感心しました

 

このバイクのお値段はさて?結構高いでしょう

 

ジャイロをぶった切ってフロントはディオZXを移植されています

 

カウルは全て作り変えてありますロゴは四輪のロゴが貼り付けてクリアーで仕上げられています

 

フロント、リアのHマークも凹みをつけて貼り付けていますさすがです。

 

横からよーく見るとかなり強引なところも見受けられます

 

ちょっと、フロントが寝過ぎているかな、でも直進安定がいいからこれはこれでOKかな

 

 

 

 リア側から

 

無限のロゴカッコいいですもちろんHも中々です

 

ブレーキ キャリパーにも無限のロゴが 凝ってます

 

これもまたお洒落なフロントホイールです何気なくお洒落にきめていますフロントホイール

 

よく見ると何かがありません、そうです空気を入れるバルブがありませんお洒落です

 

勿論空気は入りますので問題はありませんがこだわるとこうなるのですね

 

珍しい車両でした、修理内容はフロントフォークのオイル漏れでした。

 

 

 

8月14日 金曜日 猛暑 車のエアコンが中々聞いてくれない運転していても汗が噴き出しています

 

本日は昼間ではお寺の行事に参列といってもこのご時世コロナで密はいけないので今年は役員だけの参拝に

 

お経を唱えていただき先祖の供養でした。

 

本日の写真は今年初めから制作にかかりだしていたモペットの完成写真

 

興味ある方はご覧ください

 

ガソリンタンクの取り付け方法が最も苦労した箇所になります

 

FRPで製作これが初めての作品になります、今まではFRPの修正はしたことは多々ありましたが

 

製品を作ったのは初、やはり難しく時間かかりましたが何とか物になりました

 

 

サブフレームは外注で(むいちき製)上手く曲げていただきましたこの作業は私にはできません

 

やはり餅屋は餅屋上手いものです、塗装は私がやりました塗装は少しずつ上達しています( ´艸`)

 

駆動系はカートのパーツを使用しています、スプロケット&チエーン、一番心配なのはクラッチの容量が足りるかということ

 

かなりクラッチにはダメージが掛かるかもしれませんどこまで持つか?

 

ホンダの汎用エンジンを積んでいます小さなエンジンですがやはりホンダのエンジンは

良く回ります賑やかな音(雑音かも?)やはり高性能です。

クラッチ、&カバー&スプロケット、チエーン伝達方法です真ん中のギアはチエーン調整のための

 

スプロケットです右端のスプロケットが後輪のベルトを駆動します写真では右下に少し写っているベルトが

 

リアタイヤを駆動させますシャフトの加工が必要になったため外注でシャウト制作していただきました

リアタイヤを駆動するためのベルトですが中々いい長さのベルトがないために

ベルトを張るためのテンショナーを設定しましたこれがうまく機能してくれることを願います

この状態での走行はほんの少ししか走行していないためまだ正解か不正解か解りません

 

こちらは内装3段の変速機を取り付けましたチエーンケースのステー制作

この強度で待つか心配ですが大きな力掛からない場所だから問題ないでしょう予測です

 

 

このクランクは純正だはなくクランクシャフトが長く作られた物を使用そうしないとエンジンに

ペタルが当たり踏み込めません、世の中には探せはいろんなパーツがそろっています

凄い時代ですパソコンの前に座り探し見つけたらポチリこれで世界中からパーツ届きます

凄いです!!!!時代は変わりました

右側がアクセル、左が変速機用レバー ブレーキは昔懐かしブレーキシステムのハンドル

に交換、途中からワイヤーに変換しています

 

途中でクランプを新設してそこからワイヤー方式で制動していますこれも苦労した改造箇所になります

 

 

そんなこんなでやっとお渡しできる商品になりましたこれが全体になります

 

これで壊れないで走行できるかは疑問ですが?希望は壊れないでほしいという

 

何とも心待たない出来栄えです( ´艸`)。

 

 

 

 

 

8月5日 晴れ 33度 夏到来、三重県もコロナで非常事態宣言クラスター発生で要注意ですな

 

本日の修理は、本日だけではなく数日引っ張っています、今まで経験したことのない修理です

 

事の始まりはバッテリーあがりで来店すぐに修理できると高を括っていたのが大間違い

 

充電電圧が正常な数値がやってこないのである何だ〜どうして?

 

でもすぐ分かるだろうまだ考えにも余裕がありましたが・・・・・・?

 

だんだんイラついてきました、エンジン回転4000rpmぐらいでやっと13V位なんだ、なんだ?

 

ステータコイル正常に電圧立ち上がってきます無負荷電圧(48V)OK、異常なし

 

レクチファイヤーもテスターで点検問題なし、全く充電しないことはないので迷路に迷い込む

 

ランプコイルもOKヘットライトも点灯していますOK

 

じゃなんじゃ〜暫く休憩、ひょっとしてレジスターかコネクターを外すが全く変わりなし

 

依然充電電圧規定道理に上がってくれません、本線で何かが起きているのかなと思い

 

ジャンピング線を引くがこれも関係なし、ううううう〜分からん判らん解らんワカラン

 

 

暫く冷却期間を置いて、長すぎるか、本日再挑戦やっと原因判明、夜も寝ずに昼寝しながら考えました

 

ここまで来るのに長かった、そしてエンジンを回しながら一個ずつコネクターを抜いていくと

 

やっとまともな電圧が来てくれました( ´艸`)

 

アイドリング2000rpmで14.59V正常に戻りましたここまでの道のり長かった

 

イヤーよく儲かる修理でした( ´艸`)。

 

ここまで悩ませてくれた犯人は写真下

 

ヘット球でした、これはあまりにも偶然が生んだ修理内容です、何十年やっても分からないと迷路に入り込みます

 

見てお解りになる方も見えるかもしれませんがフィラメントが切れて偶然にHI/LOWがくっついて

 

しまい充電電圧が球に流れたのかなそれで充電電圧が不足したようです(この時点でヘットライトは点灯)、

 

そして新品の球交換ですべてが解決

 

いたしました、こんなことって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あるのだ!!!!

 

いや〜マイッタ、参ったでした、憎き犯人めどれだけ悩んだか又剥げました( ´艸`)。

 

 

 

 

 

 

 

 

7月28日 火曜日 一日中蒸し暑い今年の梅雨は長〜いです〜、台風の発生が少ないと梅雨は長引くそうな

 

そんのこともあって体までだるく感じてしまう気合が入りません( ´艸`)

 

本日はGs400のオイル漏れそれもえんじん&りあさす前回オーバーホールしたのだが困ったものだ

 

リアサスは専門店に再依頼さてどうなって帰ってくることやら

 

エンジンはステーターコイル側らしい昨日怪しいと思いこんでいたオイルシール関連の場所を清掃しておいたがみごと外れ

 

朝来たらオイルがポトリやはりステーターコイル側が怪しい、前回オーバーホールしたときに再メッキがしてあり

 

パッキン面までメッキが掛かっていたのでオイルストーンで面を出したのだがまだ甘かったようです

 

再度面を綺麗に出さないとダメなようです 

 

写真下

まず疑ったプッシュロットオイルシール      二番目に疑ったチエーンジシャフトのオイルシール 結局は問題なし

 

 

 

 

リヤショックはあははのスペシャルサスです

 

これで走ってみてください( ´艸`) 無理ですがサスが出来上がるまでこのままです

 

 

 

 

7月17日金曜日 朝から雨一日中降り続く明日も朝方は雨模様の予想

 

本日は凝りもせずにFRpでの商品の制作

 

写真下 

 発砲スチロールに味を占めたのでまたもや凝りもせずに型を制作

 

まずは母材をカッターナイフでカット後はペーパーで仕上げていく方法です

 

アルミのガソリンタンクを2個、固定する台を作ります

 

裏側にはナットを貼り付けますさて頭で描いたようにうまくいくかは誰にもわかりません

 

( ´艸`)上手くいきますように!! この上にファイバーを貼り付けていく予定です

 

根気つの戦いになります、まずはファイバーを型に合わせてカットしておきます

 

前回学んだことを頭に入れてから作業進めていきます。

 

どうなることやら?

 

7月9日木曜日 雨のち曇り 夕方から鈴鹿は曇りに幸いなことに三重県は災害がなく平穏な日々

 

いたるところで辛いことばかりで・・・・映像を見るたびに( ;∀;)出てきます、復興まで長い時間かかる

 

でしょうが被災された方、頑張ってください

 

本日はいろんな修理写真に収めたのをupします

 

まずはGSX-R 1000のお客さんが自分で何か始めました

 

エアーエレメント交換のようです手慣れたものです私は見物( ´艸`)

 

 

スカイウエーブ250のエンジン入庫、駆動系交換します

 

 

スカイウエーブ250のベルト交換これは私の仕事です

 

これで暫くは問題なく乗っていただけます

 

 

モンキー 6V車 ポイント交換、古き時代の点火時期を決めるためのスイッチになります

 

微妙な調整でエンジン性能が左右されます、このポイント&コンデンサーが曲者です

 

色んな故障が昔ありました、2サイクルではこの時代のエンジンは

 

2輪も四輪もエンジン逆転してしまい2輪の場合リコールで

 

対策部品取り付けに走ったこともありました、ローギアで発進しようとするとバックしてしまい

 

転倒事故に、これは怖いわな、四輪ではローギヤに入れ発進しようとするとバックしてしまいました

 

お客さんビックリです、当然クレーム処理です、今思えばよくお客さん我慢されたな〜と

 

思います、今じゃこんなこと起きたら超大変思い出いっぱいのポイント交換でした。

 

 

レストアされたようです、調子出ずに依頼されました

 

 

ディオAF68 インジェクションの4サイクルです、走行は16000km アイドリング不調で入庫

 

本日分解清掃を行いましたが原因がいまいち定かではありません、組み上げてから

 

もう一度考え直さないといけないかも?まずはカーボン除去、綺麗になりました

 

シリンダー少し傷がありますがこの程度で不調になるようには思えません

写真はピンボケで分かりずらいですがIN側に少し縦傷が微妙にあります

ひっかき傷ですが軽症です

ピストンも少し傷がありますが問題ない程度です、アイドリング不調の原因は?

 

 

 

 

本日商品届きました早速圧縮を点検問題なさそうです

 

後はVベルト交換いたします

 

まだ少し時間かかります

 

綺麗にしてから搭載いたします