7月9日木曜日 雨のち曇り 夕方から鈴鹿は曇りに幸いなことに三重県は災害がなく平穏な日々

 

いたるところで辛いことばかりで・・・・映像を見るたびに( ;∀;)出てきます、復興まで長い時間かかる

 

でしょうが被災された方、頑張ってください

 

本日はいろんな修理写真に収めたのをupします

 

まずはGSX-R 1000のお客さんが自分で何か始めました

 

エアーエレメント交換のようです手慣れたものです私は見物( ´艸`)

 

 

スカイウエーブ250のエンジン入庫、駆動系交換します

 

 

スカイウエーブ250のベルト交換これは私の仕事です

 

これで暫くは問題なく乗っていただけます

 

 

モンキー 6V車 ポイント交換、古き時代の点火時期を決めるためのスイッチになります

 

微妙な調整でエンジン性能が左右されます、このポイント&コンデンサーが曲者です

 

色んな故障が昔ありました、2サイクルではこの時代のエンジンは

 

2輪も四輪もエンジン逆転してしまい2輪の場合リコールで

 

対策部品取り付けに走ったこともありました、ローギアで発進しようとするとバックしてしまい

 

転倒事故に、これは怖いわな、四輪ではローギヤに入れ発進しようとするとバックしてしまいました

 

お客さんビックリです、当然クレーム処理です、今思えばよくお客さん我慢されたな〜と

 

思います、今じゃこんなこと起きたら超大変思い出いっぱいのポイント交換でした。

 

 

レストアされたようです、調子出ずに依頼されました

 

 

ディオAF68 インジェクションの4サイクルです、走行は16000km アイドリング不調で入庫

 

本日分解清掃を行いましたが原因がいまいち定かではありません、組み上げてから

 

もう一度考え直さないといけないかも?まずはカーボン除去、綺麗になりました

 

シリンダー少し傷がありますがこの程度で不調になるようには思えません

写真はピンボケで分かりずらいですがIN側に少し縦傷が微妙にあります

ひっかき傷ですが軽症です

ピストンも少し傷がありますが問題ない程度です、アイドリング不調の原因は?

 

 

 

 

本日商品届きました早速圧縮を点検問題なさそうです

 

後はVベルト交換いたします

 

まだ少し時間かかります

 

綺麗にしてから搭載いたします

 

 

7月2日 木曜日 晴れ 昼から蒸し暑くなってきました明日からは梅雨本番かな暫くはスッキリしないお天気が続くようだ

 

7月5日はサンデーロードレースが開催されるどうも雨模様さてどうなかなライダーにとっては気がかりなお天気

 

本日はやっとできたFRPの愚作、役に立てばOKなのですが?

 

悪戦苦闘の作品です笑ってやってください

 

   

本当にできい上がるのか、FRPって乾くと小さくなるのかな?切っては張ってまた削り永遠と続きそうです( ´艸`)

 

何とか形になりました

 

    

 

 

これで上手く加圧してくれればいいのだがさて?

 

6月27日土曜日 蒸し暑い一日で鈴鹿は雨降らず、今年の梅雨はから梅雨にはならないようだ

 

今回の修理はBETA125 フォークオイル交換

 

このホークの特徴は左はダンパーのみ、右ホークはスプリングのみとなります

 

これ自体は珍しいことではないのですがフォークを分解する前に気をつけないと

 

左のフォークがシャフトを外すとインナーチューブが抜けてオイルまみれになります

 

インナーチューブにはスライドメタルがなくインナーチューブの自重で抜けてきます

 

便利なような、やりずらいような何とも言えないサスです

 

黒く見えるのがシール類ですごく簡単な構造になっています

 

パーツとしてはこの3点だけで組まれています

 

マー簡素化されています、

 

データー 粘度 G-15 400ccに設定(左右共)

 

さて此れでどう出るか楽しみに結果待っています

 

来月のエンディユーロレースに向けての下準備でした

 

頑張ってくださいS様、終わったらデーターくださいませ。

 

6月21日 日曜日 晴れ 気温適当27度かな蒸し暑さはない絶好のツーリング日和かな?

 

本日のお仕事

 

昼間ではスカイウエーブ250の始動不良の原因を突き止めるために時間を掛ける

 

このエンジンにはいろいろと騙されましたこんな日もあるさ〜

 

まず第一に騙されたのがセキュリティー、で私の考えすぎで時間とられ原因つかめず

 

クランキングも普通に圧縮が掛かった音&回転数、点火火花良し、ガソリンもインジェクターから

 

勢いよく吹き出すでも始動しない、いい圧縮、いい火花、ガソリンOKじゃなんだ????

 

てことで昨日、圧縮計りました異常が出て

 

本日朝からカウルの取り外し、スクーターは修理する場所までたどり着くのにかなり時間かかります

 

ましてスカブーのカウル外しは久しぶりやっとのことでエンジンみえました

 

原因は写真下やっぱりな見事に焼き付いています

 

そして小端部のピストンピンも焼き付いていますこれで納得セル回しても圧縮があるように思えたのは

 

焼き付きのせいでクランキングが正常に思えたのです、オイル切れでしょう走行中に

 

思い切りロックしているはずです。

 

 

 

お見事です、こりゃエンジン始動無理ですな( ´艸`)

 

 

昼からはカワサキの名車Z1000のエンジンストップ昨日JAFで入庫

 

メインSW 入れても何も電気流れずさて?

 

色々調べていくと数十年前の固まった配線軍がコチコチよく見ると何かコネクターから

 

外れていますそれもコネクターピンは純正ピンではなくコネクターに合うピンが付けてあります

 

数十年前に何か事あって付け替えられたのでしょうピン自体に抜け止めがありません

 

それは抜けますよ長い年月の間には( ^ω^)・・・

 

このピンが)(+電源)がショートしてメインヒューズ20A が切れ始動不良になりました

 

原因が分かったのでまた明日にでもやります今しばらく時間くださいませS様

 

 

新しい配線に交換します、茶色のカプラーからクロカプラーになります

ものすごく綺麗な車両です、修理するのに気を使いますよ( ´艸`)

 

 

 

 

6月18日 木曜日 朝から雨 気温22度 蒸し暑さはない梅雨真っただ中なのに変な気候

 

本日は朝早くからスクーターのタイヤ交換

 

ちゃっちゃとこなして他の作業、昨日預かったヤマハギア始動できずこれも点検

 

納車して6ヶ月で14000km新聞屋さんはさすが距離伸びますが早くも故障です

 

故障といえば店の備品が経年劣化で作動不良を起こし買い替えの羽目に

 

ああ、また出費、売り上げないのにつらいこと、話し戻しますギヤは火花が飛ばなくなっています

 

これはなんだ?半年で壊れるか、デーラーにまずは電話これのほうが作業速く進む、もしリコールがあれば

 

答え話すぐ出るが残念ながらこの車種のリコールはないとのこと、それではと怪しいところテスターで

 

調べていくとイグニッションコイルの抵抗値が基準からかけ離れています、でもこんなに早く

 

壊れるか?ほとんど壊れないのだが( ^ω^)・・・でもこれだ、で、発注掛けました明日にはパーツ来るでしょう

 

FZ400 フロントフォークオイルシール交換作業数日前の写真です

 

写真下

 

スカイウエーブ250 が始動不良で入庫

 

どうもネットで買われたのでしょう、1年位放置車両ということですが

 

どうもそうではないようです、放置でこんなに圧縮落ちません( ´艸`)

 

この圧縮ではエンジン始動しませんです、残念ですがエンジン内部ですとお客様に

 

お伝えしましたさてどうされるでしょうか?

 

 

 

 

 

6月6日 土曜日 晴れ?曇天 今どきの天候 28度 ぐらいかな適当です

 

本日の整備

 

昨日の走行でエンジンストップ、原因は火花が飛ばないこれでだいぶ時間とられやっとのことで原因が分かりました

 

テスターでチェック全て異常なしそんなことはない?じゃ〜何考え込んでしまうやっと見つけたこれかな

 

何とこれでしたこれでこうなる、初めての経験情けないでもまた一つ引き出しが増えました( ´艸`)

 

最近のバイクだからこそこのようなことが起こります、(通信方法によりこのような事態になると思います)

 

明日のために 直そうか( ^ω^)・・・

 

その時すでに20時、昔だったらそれからでも余裕で出来たのだが最近はダメだめになっています

 

本日朝から配線交換&配線加工etcですぐに時間が経っていきますライダー君も15時までには直してください

 

ヤイやヤイや急かせます、なんとか形になり走行させることができました・・・・!!

 

勇んでサーキットへ

 

そして17時過ぎにこうなって戻ってきました、200Rでスリップダウン

 

怪我なくよかったですまた仕事増えました( ´艸`)

 

 

 

 

 

 

 

 

ヤマハYZF -R25 シリンダーベースパッキン 折損の原因は?結局?

 

興味ある人だけ見てください、分からない人は無視してください( ´艸`)

 

写真下、新品

 

規定トルクで組み込みすぐに取り外してみました

 

当たりをみようと外しましたが( ^ω^)・・・

 

こんな感じ自由に想像してください

写真下

 

オーリングのある場所当たりないです?

前回折損した箇所当たりが他よりあります?さて

 

ヘットガスケットはお古を使いました、今回はピストンなしで組み込みました

 

 

指定トルクで締め付けさてどうなるか試してみましたが・・・・・・?です

 

 

これで組み込み一度走らせないと中々分かりませんエンジン組み付けトルクも

 

色々やってみるつもりです、どうなるか又漏れなければいいのだが。

 

 

 

 

5月31日 昼間では雨模様 少し肌寒ささえ感じる一日が過ぎようとしています

 

昼から雨は上がり車両引き取りにみえ工場も少しは広くなりそうです。

 

車検のため入庫中のグース350 1991年生産開始の車両です

 

状態は錆びなく手入れもされていて本当にきれいな車両でした

 

写真下

 

中々でしょう

 

 

今風にかっこよく仕上がっています

 

 

やってますよ スズキファーン さていくつスズキの文字が張ってあるのでしょうか?( ´艸`)

 

 

 

5月26日 曇り昼頃から雨模様 蒸し暑い 梅雨の走りかな。

 

本日は少し変わった題名で面白く書いてみたいです

 

我が店のサービスカーに履かせていたヨコハマのJOB 145r-12 昨年暮れに走行中にバ~ん バー〜ン

 

バースト何が起きたか最初は解らず??? そのまま少し走行気が付くと自分の車のタイヤがバースト

 

経験がないと中々分かりませんよ!そのタイヤの製造年月日は2014年製6年前のタイヤ致し方ないのかな

 

とは思うが他のタイヤはもっと古いが何もない、タイヤが爆発することさえ想像できなかった昔

 

新聞では軽四の合わせホイールのボルトが緩く知らずに加圧してボルトが飛び散り怪我をした記事は読んだ覚えがあるが

 

あまりにもビックリで一応ヨコハマのお客様相談室にこんなことが起こりましたそしてもう一本のタイヤも

 

パターンの内側に縦方向にラインが一周綺麗についているために疑問を投げつけると相談員いわく

 

そのタイヤを近くの営業所の所長に見てもらってくださいとの事、タイヤの良否の判断は所長の権限に委ねますとの事で

 

早速鈴鹿営業所に出向く、着くと既にメーカーから電話があったようですぐに対応していただきましたが

 

私の考えとは全く逆の答えが返ってきました、どうもクレーマーと勘違いされたようです、こんなことを

 

言いに行くのはやはりクレーマーと思われても仕方ないかな?決してそうではないのですが性能上このまま使用しても

 

良いのか悪いのかを判断してもらいたいだけなのだが専門用語ばかり出してこちらの意見を聞こうともしない

 

話の途中にこれぐらいのタイヤバーストしてもどうってことないですよ、さすがにこの言葉を聞いた時点でこれはダメだ

 

これでプロの返事、こちらもそれじゃこのまま走行しても問題ないのですねと聞くと今のところ問題ないとの事

 

私の意見ではこの現状のタイヤを見てこれでいいというのがおかしい!!それでも問題ないというのでそのまま走行

 

それから数百キロで昨夜帰宅途中で異常な異音がしてきたので早速点検そうすると写真下のような状態に

 

交換するのもビビってしまうぐらいやばい状態だっのですぐにバルブを抜いてから交換しました

 

やはりこうなったか、てことで早速鈴鹿営業所にモトステップですと名乗って所長をお願いすると

 

暫くして若い男の声で今日はお休みをいただいていますとの事月末で所長がやすみ?よほど何かあったのでしょう

 

それではとお客様相談室に電話するとコロナで緊急事態発生のため対応していませんとの事

 

もう緊急宣言解除しているのですがヨコハマさんでも今月いっぱいはそうかもね

 

てことでメールをメーカーに入れておきました、そして4本新しいダンロップタイヤ注文しました( ´艸`)

 

こんなことでやはりクレーマーかも?もう少し対応の仕方あるんじゃないのヨコハマさん!!!!

 

2014年 0414の記載あります

ザックリ裂けようとしています