GPZ900Rのガソリンタンク塗装です

 

楽しみにしていた塗装ですが梅雨時期でなかなか塗る機会がなく昨日決行いたしました( ´艸`)

 

ここからが楽しみの塗装にかかります

 

黒のつや消し塗装です何とかなりました

 

プロに聞いたところ色を塗るのは難しくはないのだが他のパーツの色と合わそうとすると

 

つや消しは難しいそうです塗料の中につや消しの液剤を入れますが入れる量により

 

通夜の出方が違うそうです私は適当にしていますが4輪の世界ではつや消しを塗るには

 

相当の枝術が必要なようです。

 

 

これ以上は私は無理です( ´艸`)

 

 

蒸し暑い日々が続きます 曇天 30度 湿度75% しばらくはこんな気温が続きそうです

 

本日はカワサキの希少車の修理ほしい人にはよだれが出るかも市場でもいい金額で取引されています

 

100万前後の車両ですが( ^ω^)・・・

 

まずは当店に修理依頼は1気筒死んでしまうとのことでレッカーで運ばれてきました

 

原因は簡単なことで終了でエンジンも調子よくなり一件落着で取りに見えたところ今度はクラッチが切れない様子

 

私もエンジンだけと思いクラッチまで見ていませんいろいろ話を聞くとエンジンが温まるとクラッチが切れて乗れたようですが

 

それから乗られていないような今回は完全に何をしてもクラッチ切れません又お預かりとなりました

 

分解すると写真下

鉄板に錆がありますこれが原因でクラッチがコルク板とへばりついてしまい多板クラッチが

 

単板クラッチみたいになって一枚一枚剥がすのに力が要りました( ´艸`)よって

 

クラッチが切れませんでした、オイル交換をもう少しこまめにしてください

 

この時代の車両は乗らずに放置しているとこのようになることがあります

 

バイクは常時乗ってくださいそうすればこうはなりません

 

空冷エンジンはオイルが大きなウエートをしめます良質なオイルを入れてください

 

特に夏場は汚れたオイルで走行するとオーバーヒートの原因になります。

 

 

写真下

一枚ずつバラバラになりますこれらを新品に交換いたします今しばらくお待ちください。

 

 

 

6月22日 火曜日 晴れ 朝雨から9時には太陽がいつもの梅雨時期に戻りました。

 

最近少しブログアップしていませんまとめて載せてみましたまずはSC44のフロントフォークオイルシール交換

 

写真下

 

入庫したときの画像でオイル漏れ対策です( ´艸`)でも正解ですオイルシール漏れは初め少しでも突如ドバーと漏れる可能性だ大です運が悪ければ自分の撒いたオイルで転倒の可能性もありますからこれぐらいされて丁度いいぐらいかも!

 

 

こんなかんじで分解していきますこのホークは少しオイルシール外すのに工夫が要ります簡単にはオイルシール外れないタイプです

昔は他のメーカーのホークも同じタイプがありましただいぶめんどうです。

ちなみにこの方の希望でオイルは安価なカヤバG-10をチョイス油面は90mmとしましたさて乗り味はどうかな?また教えてもらいたいと思います。

 

次はキャブレターガソリン漏れ写真下

 

コノキャブレターも年代物です、治るかな解りません毎日少しずつ修正しているのですが

ニードルバルブホルダーがキャブレターと一体物でこれがネックになります、さてどうしよう?

一晩おくとお漏らしをしています毎朝分解していろいろやってはいますが難しい代物ですさてどうなることやら

 

  

 

フロートバルブ新品、フロートは4個とも重量は同じ7.2g困った、こまった、コマッタ治らん、なおらん、ナオラン

 

毎日こんなことばかりやっています、当たり前かでも来週はチョット違ったお仕事が

 

ガソリンタンクの塗装いたしますちょっと楽しみにしています

 

たまには違ったことをするのは非常にいい刺激になります上手くいけばの話ですけど( ´艸`)

 

GPZ900Rのタンクです今はここまでで来週には塗料が入ってくる予定です

 

上手く塗れればアップしますどうなるかな?梅雨だしブースあるわけでもないのでさて・・・・

 

 

 

 

 

5月31日 金曜 曇り 26度位かな 仕事しやすい一日でした

 

昨日のこと店を閉めようとしているところにお客様来店ストップランプが点灯しないとの事

 

電球変えてくださいとの事は〜い了解しましたと言いたかったのですが

 

この車両見るとテールランプLED仕様で球タイプではございませんお客様にその旨を伝えると

 

何とかならない何とかしてこのままでは危なくて乗っていけませんとのこと

 

それはごもっとも何とかしましょうそれじゃ預かりましょうそれはだめ明日どうしてもこのスクーターが必要ですとのこと

 

何とかしての一点張りそれでは考えます、店の中を探すと汎用のLEDがあり、それをつけることに何とかなりました

 

写真下

 

マグザム250のテールはLED パーツ代は約20.000円工賃入れると30.000円ぐらいかな

 

何しろかっこいいバイクはLED化されてしまい補給パーツ高いです

 

スズキのスイッシュ125のヘットライトは何と80.000円弱 ライトはアッシー交換ですレンズも何も単品では出ません

 

新車買うときはその辺も考慮しないと後から大変です(売っている私がゆうのも変ですが)・・・・・・

 

余談になりましたが汎用LED取り付け完了でこれで安心して乗っていただけます

 

ありがとうございましたT様 お代は50万になります出世払いですか?出世するんですか?

 

そんな会話で締めました、おお笑いの1時間でした。

 

 

 

5月28日 火曜 朝から雨少し肌寒いぐらい気温PM5時で室内温度20度前日より寒暖の差が大きすぎて体調管理しなくては!

 

私の周りで不幸がありました隣人の方でO様がお亡くなりになりましたご冥福をお祈り申し上げます。

 

私も落ち込んでしまいますが今日も雨が降るのにカッパ着た赤カブの兄ちゃんが用事もないのに励ましにきてくれました

 

ありがとうございます落ち込んではいません頑張ってます、頑張りますハイ!!!

 

本日の修理

 

GPZ900オイル漏れ一晩おいておくとオイルが少し漏れるとの事それも前回ばらしたあたりからてっきり作業ミスと思い

 

新品のパッキンに交換これで漏れないだろう・・甘かったまだ漏れるどの付近からやっと原因らしきものが見えてきました

 

原因は写真下

 

ウオーターポンプこの車両のポンプはエンジン側にオイルシールが圧入されていますそのオイルシールが

 

半分出てきていましたこれでオイルシール交換で治るかなそんなに甘くはありませんでした

 

ベアリングレースが破損ボールが粉々ですこれではシャフトが振ってしまいオイルシールもシールの役目を

 

してくれませんパーツ交換で済めば安上がりなのだが(茶色く写っているのがエンジンオイルを遮断するためのオイルシール)

 

ベアリング、メカニカルシールはこの車両は単品の設定がなく、仕方なくポンプAssyになりました

 

右からインペラ、メカニカルシール(水漏れを防止するオイルシールです)ベアリングの順番です

 

 

 

 

 

5月25日 晴れ 気温30〜33度位かな暑い日々が続きます 

 

気になっていたグロメットの再確認いたしました

 

やはりサービスマニュアルの間違いでした信じた私がバカでした(´;ω;`)

 

ロアケース側のグロメット入る部分に切り欠きがあります

 

これを気が付かなかったです

 

同じエンジンを何度もばらしてはいるのだが・・・自分の記憶を信じてに組んでいれば・・・・です

 

 

写真下

 

このようにサービスマニュアルは指示されています、これではオイル漏れますわ

 

グロメットの正しい組み方(写真下)

 

これだと外側でグロメットのゴムシールが正常に働いてシールしてくれます

 

これが正解GSX-R1000のサービスマニュアルはこのようになっています

 

よってメーカーに請求書を送ります( ´艸`)(´;ω;`)泣き寝入りです。

 

 

 

5月21日 雨のち晴れ 昨夜から朝方は激しい雨9時前からは曇りになり夕方は太陽が戻ってきました

 

本日はCB400sf NC31 のフォークオイルシール交換&エンジンオイル、フィルターの交換作業になります

 

まずは写真下

 

車体からフォークの取り外しです

 

写真下

こんな内部構造になっています

左側がボトムケース、右側がインナーチューブの心臓部分いろんな仕掛けがあり

そこをオイルが通過するときに減衰が起きオートバイをコントロールしてくれます

白く見えるのがオイルロックピースと呼ばれるパーツですそこに刺さっているのがピストン

これが左のボトムケースに入り下から写真のボルトがピストンを固定します

そうするとインナーチューブが上下して上手くバイクは衝撃を吸収してくれます

 

オイルフィルター交換するためにはこのマフラー(ショート管)は外さないとフィルター交換はできませんでした

チョット厄介でした少し工賃がかかりました

 

Y様お待たせしました出来上がりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月16日 木曜日 晴れ いい季節でお客様からお土産をいただきました滋賀県の道の駅で売っていた商品きくらげ

 

これまた美味しいでも塩分高そうです少しずついただきます。

 

またやまはR25のエンジン分解といってもオイルパン脱着です

 

写真下

 

左がバランサー 右がクランクシャフトです

 

う〜ん センタージャーナルセンタベアリングが少しきついかな?見なかったことにします大丈夫ですきっと?

 

今回はここまでで腰上はばらしません、今更  内燃機関です  ( ´艸`)

ハイブリットは解りません。

5月13日 晴れ 昼間は暑いぐらい日陰で作業すれば最高 

 

本日はドゥカティ スクランブラーのフロントフォーク分解インナーチューブ

 

の錆が原因で左右オイル漏れが激しくオイルシール交換作業になります

 

まずは左側の分解作業に入り途中で作業中止せざるを得なくなりました

 

写真下

 

工具が当店にはなく分解できません

ということで特殊工具を作ることに

左フロントフォークには減衰機構が付いていません

スプリングとカラーのみです、あっさりとしたフォオークです

ソケットを切り刻んで作ります工具好きに見つかるとぼろくそいわれるでしょう( ´艸`)

出来るだけやりたくはないのですがこの際仕方ありません

ソケット君ごめんなさいですが特殊工具に生まれ変われますよて訳のわからないことで納得しながら

切り刻んでいきますあらかたできましたがこれではかわいそうなのでもっと綺麗に整形していきます

なんとか工具が出来上がり問題なく使用でき分解することができソケット君ありがとうです

 

 

 

次は右側のフロントフォーク分解です右側の分解は制作した特殊工具はいりません

 

今までの工具でサクサク作業できましたこちら側はダンパーが付いて

 

減衰がシッカリきいていますでも悲しいかな調整機能は無し

 

 

このフロントフォークに性能は??????が付く作りです

 

後はオイルの量を調べて入れますがネット上にいくら探してもデーターがありません

 

そこでドゥカ屋さんに電話してデーターを教えていただきました、とっても助かりました

 

オイルの動粘度は33.4良いようです

 

右427cc 左298cc と教えていただきましたが

 

参考程度にしてください後は乗ってみて

 

自分の好みに微調整してください

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

5月10日 晴れ 25度ぐらいかな令和最初の投稿になります

 

外では暑いぐらいの陽気になってきましたまだ朝晩の寒暖の差は結構あります

 

本日の修理は

 

フュージョン250 35000km それなりに全てが消耗しています要交換パーツは取り替えです

 

このタイプはグリースが封入されているタイプです初期のころは結構採用されていましたが

 

今は少なくなりましたウエートローラーも変形しています交換です

 

ピーススライドも交換です後は清掃して新しいグリースを封入いたします

 

新しいベルトに交換いたします

 

プーリーのバネが強く一人でプーリーを移動させるのは大変ですプーリーが狭まらないように

こんな感じで組み付けます前のプーリーを取り付けてからドライバーを外します

 

 

ラジエター液の交換です、あとはエンジンオイル交換

 

本日出来上がりましたお待たせいたしました。