8月21日 火曜日 午前は晴れ午後からゲリラ豪雨(ちょっとオーバーかな?)

 

又W台風が日本を直撃しそうです20号はやばいかも

 

本日の修理

 

隼セルモーター回らず調べるとC-42とメーターに表示Igニッションに電源が入らずてことで調べています

 

写真下

 

やはりハーネスが切断されていました転倒により切断された模様でも右側に転んだのだが

 

配線を修正これでFIは消灯して修理完了と思ったのだがなんだ〜せるが回らない

 

何だかな〜と思いデーマスイッチを点検う〜ん異常なしじゃーなんだ

 

 

 

デーマスイッチはOK考え込む

 

サイドスタンドSWもOK、クラッチSWもテスターではOKなんだ〜わからん

 

クラッチSWのカプラーを抜き差ししてみるとセルモーター始動

 

SWの接触不良が原因でした14年前の車両だといろんなことが起きてもおかしくない

 

という修理でした。隣ではヤマハR-6のエンジンを組み上げにかかっています

 

ガンバレー早くしないとレースに間に合わないよ・・・・・??

 

 

ピストンの位置いろんなとこにいますな〜( ´艸`)

 

一個何処へいった?3気筒で組むのかな

いやちゃんといました( ´艸`)

 

ヤマハのコンロットボルトめんどくさい設計になっています

 

時間がかかるよほんとうに(# ゚Д゚)ぶつぶついいながら組んでいます

 

そばで私がガンバレーと声だけで声援手伝いません見てるだけ

 

大変だ〜でも勉強だ〜覚えなさい

 

百分の一の精度の出たプラモデルです

 

忘れ物さえしなければ誰にでも組めます

 

あとは根性と忍耐あるのみ

 

人にいうのは楽でいい( ´艸`)

 

 

8月8日 水曜日 晴天 猛暑 昨日とは打って変わって暑い一日となりバテバテです

 

本日はCB1300sfの凛々しいお姿を

 

なかなかのフォルムで眺めてう〜ん納得の出来栄えです

 

まずは全体のお姿を

 

 

リアブレーキも超高価なキャリパーを惜しげもなくではなくてこのホイールには

このタイプのキャリパーしか取り付け不可ののようです

安価なキャリパーはホイールに干渉してしまいますよってこの効果な

キャリパーになります。

フロントはとても凛々しいですごらんあれ

 

マニアにとっては羨ましいセットになります

 

本日はアルミのさび落としです

まずはアルマイトをはぎ取ります

これをしないと作業進みません時間を掛けてグラインダーでウイー〜ン耳がおかしくなってきます

 

何とか綺麗になりました

 

ここまでするには素人の私にとっては大変です

 

プロのようにはいきませんくすんでしまいます

 

やはり難しいです

 

後はお客様で綺麗に毎日磨いてください( ´艸`)

 

 

 

 

 

 

7月24日 晴天 酷暑続く今週はこのような気温が続きそうな耐久も大変だ

 

本日はトラブルの少ないエンジンだと思っていたCF46Aのエンジンが壊れ修理

 

まずはエンジン降ろします

 

ヘットカバーを外すとなんと

 

カムチエーンが外れていました

 

 

距離数にして12000kmこれには?このエンジン5万〜6万キロへっちゃらで走るのだがなぜ?

 

原因はすぐに判明しましたがカムチエンテンショナーの故障内部のスプリングが壊れてしまったようです

 

スプリングの折損の原因は?定かではないのだがどうも数年エンジンを掛けずに放置されていて

 

色んな条件でスプリングが腐食して折損した模様毎日乗っていれば水分もたまらずこんなことは起きないだろう

 

現に毎日通勤で稼働している数名のお客様のエンジンはすでに70.000km問題なく稼動

 

いかに機械ものは乗らないと異常が起きやすい典型的な実例がいまここにあります

 

長くの放置車両はまずは異音に気をつけようと今更ながら自分に言い聞かせております( ´艸`)

 

この小さなパーツがいかに重要か思い知らされました

 

フライホイールを外すとカムチエーン、オイルポンプが現れます内部は綺麗です

 

走行距離少ない証拠ですエンジンオイルもこまめに交換されていたようですが放置期間があると

 

こうなるんですな〜イヤーまいったまいった新しいアドレスはカムテンショナーも改良されていると

 

思いますが・・・どうですか????な〜

 

修理出来上がりましたI様お待たせしました。

 

 

 

 

7月17日 猛暑 なんて暑さいつまで続く毎年異常気象狂ってしまった地球いろんなしっぺ返しが・・・

 

毎年ひどい災害に見舞われ思うでも仕事は待ってはくれない倒れないように注意しながらやっていきます

 

本日はRZ250 改の修理

 

フロントホイールベアリング交換作業

少しづつ抜いていきます

やはり動きが鈍いですゴロゴロ異音します

 

プッシュロットとの隙間が  う〜ん数ミリ

 

ステアリングステムのベアリングこの時代はボールがバラバラ、今のように樹脂で一体化していません

 

こんな小さなボールで大きな加重を受けていますグリスが切れるとハンドリングが

 

ぎこちなくなってしまいますさらに進行するとベアリングレースに傷をつけてしまいます

 

ハンドリングに違和感を覚えたらグリスアップが必要になります

 

最新のバイクも同じです数万キロ乗られたバイクは全ての摺動するパーツにはグリスアップ必要です

 

N様あと少しで完了します。

 

6月23日 朝は小雨10時過ぎから雨、 結構な勢いで降っています明日に期待です

 

本日はCRM250Rのボーリングが出来上がってきたので組み付け作業にかかりました

 

時間が経つにつれ色んな事を忘れてしまい最初に撮ってあった写真をみながら組み付けました

 

サービスマニュアルがないと辛いものがあります

 

ワイヤー類の通仕方など完全に忘れています写真とにらめっこです

 

CRM250R センター出しのサイレンサー煙幕発生

 

工場中煙ってしまいました( ´艸`)

 

 

 

次はレースで使用中に焼き付きのYZF-R25シリンダー

 

見事に焼き付き、片方のコンロットは引きちぎられています

 

レースでは色んな事が起きます

 

クランクケースの中からはいろんな残骸が出てきました

 

何とか使用できるのはミッション、クラッチハウジング、電装関連、シリンダーヘットぐらいです

 

あとはゴミとかしました。

 

シリンダーブロックも割れ凄まじいです

 

コンロットの切断 あ〜あ なんてこった

 

レースやってる多くの方気をつけてください

 

お金が飛んでゆきます、私は儲かります( ´艸`)

 

600/1000ccに比べれば安いけれどそれでも大出費!!

 

 

 

 

 

6月19日 火曜日 曇り 少し蒸し暑い 

 

ヤマハR23のエンジンオーバーホールをS君と一緒にばらして組み上げました

 

時間かかりましたが少しは覚えてくれたかな?

 

パーツの名称を少しでも覚えてくれたらいいです

 

パーツ管理をもう少しきちんとしないとパーツの誤組みが発生していました

 

タペットクリアランス測定で判明しましたコラ〜( ´艸`)

 

朝から時間が空いたので組み上げました本当はこんなことはしないほうがいいのだが

 

時間がなさそうなので今回だけ大目に見ておきます

 

次回もう一度挑戦してください!

 

ヤマハのこだわり?こんな小さな工具がないだけで大変です

カムチエーンテンショナーの特殊工具(65円)です6角2.91mmこれがまたないんです( ´艸`)

 

セット準備するとこんな感じになります

R-25のオイルパンドレンプラグの位置は上これではかなりの量が抜けませんなぜかなヤマハさん?

 

タペット調整も私の好みでやっておきました

 

 

 

6月18日月曜日 雨昼過ぎ曇り AM7:58分ごろ大阪を中心に大きな地震があり鈴鹿も少し揺れました

 

 高槻市も大きな損害が出ているようで知人も心配です何もないことを祈ってます。

 

昨日やっとオーバーサイズピストン0.5が入庫早速シリンダーを温め交換しましたとなればいいのですが

 

そうはいきません本日シリンダーを削りに出しました(通称ボーリング)と呼ばれています

 

昔はたくさんボーリングして直しましたが昨今はオーバーサイズピストンが純正では出ていないため少なくなりました?

 

実際は2サイクルが少なくなってしまったためですが一度2サイクルの加速を知ってしまうと・・・

 

4サイクルは・・・・ですそんな魅力のあるバイクです。

 

 

 

写真下

 

アフターマーケットから出ていて助かります性能も良いといいのだがこのピストンメーカーの商品

 

初めて使いますさて良い結果がでますように。

 

オーバーサイズピストン0.5mm

 

 

さて純正と比べてどうなんでしょう組み込んでからのお楽しみにしときます

 

M様

 

もう少しお時間くださいできるだけ早く仕上げます。

 

6月8日 金曜日 曇りのち雨(夕方)早くも1週間過ぎてしまいました

 

昨日時間が取れたのでR-25のヘット分解清掃をしておきました

 

走行距離7.000Km

 

結構カーボンが付着しています

 

 

だめだこりゃ

 

ピンボケですがインテークのバルブです結構カーボンが付着しています

 

ヘットも綺麗にして組み込みました

早くエンジン組み込まないと練習できませんよS君

 

6月6日 水曜日 朝から雨、梅雨入り

 

本日の修理

 

M様のCRM250

 

シリンダー点検

 

ラジエターから外していきます

 

 

サーモスタット出てきました水温をコントロールします大切なパーツになります

 

う〜ん排気側が焼き付いています

 

純正パーツは出ませんがアフターパーツがありボーリングでOk

 

クランク関係は無事で一安心

 

 

シリンダー内部もかなり大きな傷が・・・シリンダーボーリングで対応できます

 

インテーク側はこんな感じです、他リヤリンク回りもオーバーホール必要です

 

フロントフォークオイルシール要交換です、

 

 

6月5日 晴れ 夕方から雲行きが怪しくなり時々雨音がもうすぐ梅雨かな

 

昨日からヤマハR25のエンジンオーバーホールにかかり本日は清掃作業

 

若いライダーに一から教えていきます

 

まずはパーツの名称から教えなくてはなりませんがやる気ある人には惜しみなく教えていくつもりです

 

まずは清掃ガンバッテせっせと磨いています

 

このエンジンは7000km走行ですがオイル交換があまりしてないようで

 

内部はあまりきれいではない清掃のしがいがある?

 

整備はまず清掃から始まります

 

クラッチプレッシャープレートの汚れひどいです 黒くなっています

 

彼にとっては初めての分解作業になりますさてどこまで覚えられるかな?

 

やる気次第です

 

私はCBR250RRの納車整備

 

ETCの取り付け中こちらの方が気を使います

 

値段も高いが素晴らしいバイクです

 

静かなエンジンですがレスポンスも抜群です

 

これは面白いさすが世界のホンダのエンジンです

 

お腹さえつかえなければ乗ってみたいバイクです( ´艸`)