8月14日 金曜日 猛暑 車のエアコンが中々聞いてくれない運転していても汗が噴き出しています

 

本日は昼間ではお寺の行事に参列といってもこのご時世コロナで密はいけないので今年は役員だけの参拝に

 

お経を唱えていただき先祖の供養でした。

 

本日の写真は今年初めから制作にかかりだしていたモペットの完成写真

 

興味ある方はご覧ください

 

ガソリンタンクの取り付け方法が最も苦労した箇所になります

 

FRPで製作これが初めての作品になります、今まではFRPの修正はしたことは多々ありましたが

 

製品を作ったのは初、やはり難しく時間かかりましたが何とか物になりました

 

 

サブフレームは外注で(むいちき製)上手く曲げていただきましたこの作業は私にはできません

 

やはり餅屋は餅屋上手いものです、塗装は私がやりました塗装は少しずつ上達しています( ´艸`)

 

駆動系はカートのパーツを使用しています、スプロケット&チエーン、一番心配なのはクラッチの容量が足りるかということ

 

かなりクラッチにはダメージが掛かるかもしれませんどこまで持つか?

 

ホンダの汎用エンジンを積んでいます小さなエンジンですがやはりホンダのエンジンは

良く回ります賑やかな音(雑音かも?)やはり高性能です。

クラッチ、&カバー&スプロケット、チエーン伝達方法です真ん中のギアはチエーン調整のための

 

スプロケットです右端のスプロケットが後輪のベルトを駆動します写真では右下に少し写っているベルトが

 

リアタイヤを駆動させますシャフトの加工が必要になったため外注でシャウト制作していただきました

リアタイヤを駆動するためのベルトですが中々いい長さのベルトがないために

ベルトを張るためのテンショナーを設定しましたこれがうまく機能してくれることを願います

この状態での走行はほんの少ししか走行していないためまだ正解か不正解か解りません

 

こちらは内装3段の変速機を取り付けましたチエーンケースのステー制作

この強度で待つか心配ですが大きな力掛からない場所だから問題ないでしょう予測です

 

 

このクランクは純正だはなくクランクシャフトが長く作られた物を使用そうしないとエンジンに

ペタルが当たり踏み込めません、世の中には探せはいろんなパーツがそろっています

凄い時代ですパソコンの前に座り探し見つけたらポチリこれで世界中からパーツ届きます

凄いです!!!!時代は変わりました

右側がアクセル、左が変速機用レバー ブレーキは昔懐かしブレーキシステムのハンドル

に交換、途中からワイヤーに変換しています

 

途中でクランプを新設してそこからワイヤー方式で制動していますこれも苦労した改造箇所になります

 

 

そんなこんなでやっとお渡しできる商品になりましたこれが全体になります

 

これで壊れないで走行できるかは疑問ですが?希望は壊れないでほしいという

 

何とも心待たない出来栄えです( ´艸`)。

 

 

 

 

 

コメント
古川ワークス 純日本製モペッド カッコイイです。
  • by 前田幹弘
  • 2020/08/19 12:51 PM
コメントする