8月5日 晴れ 33度 夏到来、三重県もコロナで非常事態宣言クラスター発生で要注意ですな

 

本日の修理は、本日だけではなく数日引っ張っています、今まで経験したことのない修理です

 

事の始まりはバッテリーあがりで来店すぐに修理できると高を括っていたのが大間違い

 

充電電圧が正常な数値がやってこないのである何だ〜どうして?

 

でもすぐ分かるだろうまだ考えにも余裕がありましたが・・・・・・?

 

だんだんイラついてきました、エンジン回転4000rpmぐらいでやっと13V位なんだ、なんだ?

 

ステータコイル正常に電圧立ち上がってきます無負荷電圧(48V)OK、異常なし

 

レクチファイヤーもテスターで点検問題なし、全く充電しないことはないので迷路に迷い込む

 

ランプコイルもOKヘットライトも点灯していますOK

 

じゃなんじゃ〜暫く休憩、ひょっとしてレジスターかコネクターを外すが全く変わりなし

 

依然充電電圧規定道理に上がってくれません、本線で何かが起きているのかなと思い

 

ジャンピング線を引くがこれも関係なし、ううううう〜分からん判らん解らんワカラン

 

 

暫く冷却期間を置いて、長すぎるか、本日再挑戦やっと原因判明、夜も寝ずに昼寝しながら考えました

 

ここまで来るのに長かった、そしてエンジンを回しながら一個ずつコネクターを抜いていくと

 

やっとまともな電圧が来てくれました( ´艸`)

 

アイドリング2000rpmで14.59V正常に戻りましたここまでの道のり長かった

 

イヤーよく儲かる修理でした( ´艸`)。

 

ここまで悩ませてくれた犯人は写真下

 

ヘット球でした、これはあまりにも偶然が生んだ修理内容です、何十年やっても分からないと迷路に入り込みます

 

見てお解りになる方も見えるかもしれませんがフィラメントが切れて偶然にHI/LOWがくっついて

 

しまい充電電圧が球に流れたのかなそれで充電電圧が不足したようです(この時点でヘットライトは点灯)、

 

そして新品の球交換ですべてが解決

 

いたしました、こんなことって・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・あるのだ!!!!

 

いや〜マイッタ、参ったでした、憎き犯人めどれだけ悩んだか又剥げました( ´艸`)。

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする