6月27日土曜日 蒸し暑い一日で鈴鹿は雨降らず、今年の梅雨はから梅雨にはならないようだ

 

今回の修理はBETA125 フォークオイル交換

 

このホークの特徴は左はダンパーのみ、右ホークはスプリングのみとなります

 

これ自体は珍しいことではないのですがフォークを分解する前に気をつけないと

 

左のフォークがシャフトを外すとインナーチューブが抜けてオイルまみれになります

 

インナーチューブにはスライドメタルがなくインナーチューブの自重で抜けてきます

 

便利なような、やりずらいような何とも言えないサスです

 

黒く見えるのがシール類ですごく簡単な構造になっています

 

パーツとしてはこの3点だけで組まれています

 

マー簡素化されています、

 

データー 粘度 G-15 400ccに設定(左右共)

 

さて此れでどう出るか楽しみに結果待っています

 

来月のエンディユーロレースに向けての下準備でした

 

頑張ってくださいS様、終わったらデーターくださいませ。

 

コメント
コメントする