4月13日 曇りのち雨 又寒さが襲来チョットオーバーか、でも寒いものは寒いストーブ焚いてます

 

今回はスズキアドレス110のリコールの修理この車両色々とあります今現在のは全て良くなっていますご心配なく

 

でもこの車両はリコール対象車両でまずはリコールか所の点検から

 

特殊工具でクランクのテーパー角の点検作業に入ります、写真下

 

テーパー部分は摩耗も何もないのですがテーパー角が異常でした

 

メーカーいわく異常なクランク側のテーパー角に合わせたローターを対策品としています

 

要するにローター側のテーパー角をクランク側のテーパー角に合わせてあるということらしいですが

 

そんなことできるのかしら?ということでこの際全て正常なクランクと正常なフライホイールに交換します

 

写真下

これらがエンジン内部の部品一式です

 

たったこれだけのパーツで

 

皆さんを乗せてどこまでも走ってくれます凄いですね〜( ´艸`)

 

これがクランクシャフトとピストンです、ピストンの往復運動から回転運動に変えてくれるクランクシャフトです

 

バルブの開閉するためのチエーンです

バルブを動かすためのギアになりますギアに付いているブーメランのようなおもりは

 

エンジンの内部に侵入者が入ると首をちょん切るためにあります(冗談です)(笑)

 

本当はエンジン始動を楽にするための装置ですデコ〇〇といいます

 

丸の所におすき文字をに入れてみてくださいそれが正解です、ポンでもいいです。

 

 

写真下

 

シリンダーヘットに付いているバルブを開閉するためのアームです

 

このタイプはローラーが付いていますこの方がいいのか悪いのか私には解りません

 

エンジン君に聞いてください、お前、楽に回転できるようになったか?

 

ど〜だかな〜と言っているようです( ´艸`)

 

上のアームがガソリンを吸い込むための装置です

 

下は燃焼した臭いガスをだすための装置です

 

この内燃機関を(エンジン)を4サイクルといいますよ、今の若い人4サイクルも2サイクルも解らないよです

 

それでバイク談義ふ〜んです?でも楽しければそれでOKです

 

なにしろ最近までうちの息子も知らなかったです、おお笑いです

 

そら後継いでくれんわな😢余談になりました。お わ り

 

 

 

 

 

コメント
コメントする