1月29日水曜日 気温16度 春近し? 何しろ暖かい一日で仕事はかどります

 

本日のお仕事

 

GS400Xの仕上げの工程になります、エンジン始動OKエンジン音もいい感じ

 

でも何か低い回転域でぼそぼそアイドリングできない上は問題なし

 

又何か忘れたか????原因はおそらくキャブ、なにを忘れたかな?

 

ばらしてみるう〜んこれか、純正品のパーツだから問題ないと思い組み込み組み込んだが

 

こんなところに落とし穴がこの小さな穴からガソリンを吸ってしまい

 

絶不調に陥りました、

 

これもこの年代のパーツリストを持っていなかったため

 

ウエーブ上の品番を拾い出して発注これが悪かったのでしょう何んてこった

 

おそらくこの形状に合うキャブレターもあるのでしょう

 

左が初めに付いていたガスケット 右が今回仕入れた純正ガスケット

 

これだけ形状が違うのに純正パーツだからという思い込みがトラブルの原因とはトホホ

 

右の丸印が穴が開いていてはダメですここからガソリン吸い上げてしまいます

 

写真下

フロートチャンバー室このタイプは下からMJを交換べんりですね

真鍮のパーツがPJですこの上にガスケットがかぶります

想像してみてください楽しいですよ(笑)

 

 

次は点火時期を決める装置でガバナーが付いています回転が上がると

 

バネが付いたパーツが広がり点火時期を進めます

 

樹脂部分には磁石が埋め込まれていますこれは純正ひんではなく

 

昔に流行ったアフターメーカーのものを取り付けています

 

純正はポイント式で対応していますこのポイントは接点が焼けて

 

点火時期が不安定になるためによくこのパーツと交換されます

 

 

エンジンに取り付けると写真下のようになりますカムチエーンを掛けるには

 

このパーツを回転させるとピストンが上昇してきますまたがつて右シリンダーのピストンが

 

上死点に来たら(Tマークあり)そこで止めますカムを圧縮上死点の位置に合わせて組みこみます

 

慣れないとチエーンがずれてしまいますが根気よくやれば誰でもできますよ挑戦してください

 

 

 

 

バルブガイド打ち替え&シートカット出来上がってきましたよ

 

後でバルブクリアランス調整しますIN/EN 共0.03〜0.08です

 

このエンジンの数値で広い方に合わせます

 

てことでお待たせしましたM様 本日出来上がりましたがだいぶ予算オーバーかな??です。

 

コメント
コメントする