昨年からお預かりしているエンジンを取り付けるために他の作業の合間に少しずつ進めます

 

本日はここまでです

リムにスプロケットを直接ハブに固定これしか取り付けられません

ローラーブレーキのためこの方法を採用しました

 

これは正解かな?ギア板の振れがなくチエーンに抵抗がかからずスムースに

回転してくれそうですが大きな力が掛かるとさて?

 

クラッチハウジングを取り付けたらクラッチシューに干渉してしまい

 

クランクが回りませんよってエンジンとクラッチケースの間に

 

2mmのガスケットをアルミ板で製作することに

 

何とか作れましたいびつですが役に立てばOKです、

 

これでクラッチカバーとクラッチシューの隙間ができ

 

クランキングが可能になりました。よかったよかった( ´艸`)

 

次は後日エンジンを取り付けるための台座を厚さ10mmのアルミプレートで作ります。

 

コメント
コメントする