12月8日 金曜日 曇天 気温13度前後 結構寒くなってきました

 

本日の修理

 

GS400Xのエンジンオーバーホールこのエンジン丁度2年前にもO/H済みで又今回も

 

勿論修理内容は違いますがいいユーザーに巡り合えたバイクです普通ならこの世に存在していないかも

 

乗り捨てられていてもおかしくない年代のバイクです( ´艸`)

 

本日はここまでで終了です(写真下)

 

何度やっても忘れています、知恵の輪状態で考えながら降ろしています

 

やっとフレームから離れました、あとはばらすだけ、

 

シリンダーのヘッドガスケットの直径です約670mm

 

クラッチ側に点か系統があります、この時代はポイントが使用されていましたが

 

このバイクはフルトラになっています、写真はガバナで点火時期を進める装置で

 

遠心力で進角しますごく簡単な仕組みです

 

このオイルシールが面白い方法で入っていますクランクシャフトに挿入されているだけで

後はクラッチケースの平面で押されているだけでケース側にはオイルシールのはいるスペースはありません

今じゃチョット??????ですが、問題なく元気に回っています

 

今日はこのGS400のエンジンはここまでで後はほかの作業をします

 

ここからは ZX-4のガソリンゲージの修理を今じゃこのパーツは廃版で出てきません

 

まともなパーツありません今回購入されたゲージも反応しないため修理することに

 

いろいろ作業をしていくとテスターに反応があり修正、何とかゲージが動き始め

 

メーターのほうの指針が上がりました良かったですがいつまで持つかは解りません

 

また動かなくなれば修理します( ´艸`)

 

やっと指針が動いてくれましたひとまずはこれで乗っていただけます

 

でも指針の表示はあまりあてにならないかも?

 

距離数で管理していただくのが一番かも。

 

 

 

 

コメント
コメントする