11月17日 日曜日 晴れ 早くも中旬すぎですが暖かい日々が続いています夕方になっても寒さ感じずです

 

本日はエンジン組み立てのかかりますまずはキャブレター昨日分解清掃組立を完了しています

 

ゴールドにみえるのがスロットルと連動しているバルブになりますよくキャブレターの同調が

狂っているのではとの訴えがありますが基本何もいじらなければ同調は狂いません調子が悪いのは

殆どが他に原因があります、まずはそちらを完全に治さないと同調をとっても直りません

同調は仕上げ工程ですチョット表現がへんかな

この場合はあとから調整はしますが今の時点でも調整はできます4個とも

開度をそろえればいいだけの話です目のいい人だと殆どこれだけでOKです

 

 

分解してみてオーリング1個が折損他は硬化してガソリンがにじみ出ていました

やはり年代物はこのあたりが要交換になります、そのまま放置すると出先で

ガソリンまみれになる可能性も良かったセーフです

バキュームピストンやはり汚れています、清掃してスムースに動くようにします

このパーツはアクセルをライダーが開けるとエンジンの負圧を利用して

ゴムの傘のようなものが上昇してガソリンを噴出させますエンジンが必要とする量を

メインジェットから吸い上げます

重要なパーツでガソリンの噴出量を決めます、パイロットスクリューでごく低速(アイドリング)時に作用します

ここにカーボンが付着アイドリングが不安定になります合わせ方は軽く締めこんでから2〜3回転位

弛めますマスター合わせといいますこれでほとんどOKなのですが排気ガスの調整にこのジェットで

濃い薄いを決めます

 

ミッションもブッシュスペーサー諸々のパーツを交換いたしました

この状態はニュートラルの位置になります5速ですこの状態でクランクを入れ

組み上げていく予定でしたがなんとオーリングがパッキンセットに入っていない

困りました、3万円もするパッキンセットにたかが130円のオーリングぐらい入れてくださいよ

スズキさんそれとも嫌がらせ、入れ忘れどちらでもショックでも前に進めたいから

クランク挿入して腰下組み込みました又オーリングが来たら腰下だけばらします

あ〜なんてこった( ^ω^)・・・

リングコンプレッサーでシリンダー挿入したいのですがこのコンプレッサー役に立てません

前回もこれで入れようとしましたが無理でしたがもう一度挑戦やはり無理

一人ではないほうがいい指で押さえながらラバーハンマーでコンコン

やっていると一人丁度いい若者が竹ちゃんがタイヤ交換にこれはラッキーです

手伝いしていただき悪戦苦闘の上何とかシリンダー挿入めでたしめでたし

犠牲になった竹ちゃんかわいそうにでも助かりましたありがとう。

やはり新ピンピストン綺麗です、これが内燃機関の重要なピストンと、リングです

数年前の新潟の地震でピストンリング作る会社が被害受け各メイカー二輪四輪生産できず

苦労したようです鋳造のリング、ピストンはいろんなノウハウがあり難しいようです

 

カムチエーンのビフォーアフターですほんの少し下の方が成長しています7キロ

成長するもんです( ´艸`)

カムチエーンテンショナーのレール、ピンが勝手に抜けてきます新品は固定になっています

よく見ると亀裂が入っていますう〜んと唸りたくなります。

 

 

 

 

 

 

 

コメント
コメントする