11月12日 晴れ 一日中寒いとは感じず過ごしやすい一日

 

本日の修理

 

イナズマ1200(ユニコーン、カタナ1200)のエンジン分解整備其の

 

クランクケース分解作業に入る前にパーツの置き場所を確保するために掃除から( ´艸`)

 

すぐに一時間ぐらいたってしまいます

 

それでも何とか分解できるようになると次は来客でこれまた数十分が過ぎ掛かりだしたのは11時なんてこった

 

すぐ昼になってしまうメタルの選定だけでもしておかないと昼休みに発注できないぞ

 

て、ことで、もくもくとひたすらねじを緩めます

 

そして写真下

 

分解できました

クランクシャフトの過重を受け持つベアリングですベアリングといってもゴロゴロ音のする

 

ベアリングではなくこのエンジンはメタルベアリングというベアリングです?表現が難しいです

 

要するにクランクシャフトの軸受け部分を受け持っているパーツでこの間にオイルの幕を作り

 

金属同士の焼き付きを防いでいます、オイルの重要性がわかってもらえると思います

 

バイクは何しろオイルが重要で見てのとうりミッション、クラッチの油潤もこなしています

 

悪条件ばかりですそれを補うためにオイルメーカーはいろんな添加剤をいれています

 

だから二輪のエンジンオイルは四輪に比べると高いオイルになりますが仕方ないことで

 

昔々レース活動でオイルサポートしますと美味しい話を貰い、それではということで使用すると

 

メタルがサンドペーパーで擦られたような跡になりまいったことがありました、もちろんオイルサポートはお断りしました

 

苦笑)どうも後から聞くとこのオイルやさんもテスト品だったそうですそれにしてもひどいオイルでした昔話でした

 

このエンジンはモチュールが入れてありました当店もモチュールを提供していただいたこともありました

 

勿論問題なしのオイルです、このメタルの走行距離は7万キロです問題なしです

 

 

こちらはアッパーケース側問題ありません

 

 

 

コンロットのベアリングもOKです問題なし写真撮り忘れました( ´艸`)

 

今日はここまでで夕方にパーツ発注いたしました。

 

 

コメント
コメントする