蒸し暑い日々が続きます 曇天 30度 湿度75% しばらくはこんな気温が続きそうです

 

本日はカワサキの希少車の修理ほしい人にはよだれが出るかも市場でもいい金額で取引されています

 

100万前後の車両ですが( ^ω^)・・・

 

まずは当店に修理依頼は1気筒死んでしまうとのことでレッカーで運ばれてきました

 

原因は簡単なことで終了でエンジンも調子よくなり一件落着で取りに見えたところ今度はクラッチが切れない様子

 

私もエンジンだけと思いクラッチまで見ていませんいろいろ話を聞くとエンジンが温まるとクラッチが切れて乗れたようですが

 

それから乗られていないような今回は完全に何をしてもクラッチ切れません又お預かりとなりました

 

分解すると写真下

鉄板に錆がありますこれが原因でクラッチがコルク板とへばりついてしまい多板クラッチが

 

単板クラッチみたいになって一枚一枚剥がすのに力が要りました( ´艸`)よって

 

クラッチが切れませんでした、オイル交換をもう少しこまめにしてください

 

この時代の車両は乗らずに放置しているとこのようになることがあります

 

バイクは常時乗ってくださいそうすればこうはなりません

 

空冷エンジンはオイルが大きなウエートをしめます良質なオイルを入れてください

 

特に夏場は汚れたオイルで走行するとオーバーヒートの原因になります。

 

 

写真下

一枚ずつバラバラになりますこれらを新品に交換いたします今しばらくお待ちください。

 

 

 

コメント
コメントする