9月19日 土曜日 晴れ 朝夕は涼しい早くも秋 このすごしよい日々がいつまで続くやら

 

久しぶりにZRX400キャブレターのオーバーホルこの車両もキャブレター外しにくい厄介なバイクの一台になります

 

だいたいがこの時期のキャブ車にはよくあるタイプでエンジンの後ろにキャブレターが装着されていると

 

めんどうになりますまだこのZRXはエアクリーナー側のエアーファンネルが柔らかく少しはたすかりました

 

これが硬化したバイクだともう大変こちらの手が痛くなるぐらい、その時は熱湯でぐにゃぐにゃにして組み込みます

 

手が暑いが楽になります

 

 

暫くはインテークも封印

 

エンジン始動不良で入庫クランクケースにガソリンが10L位入っていました

 

中々ですなぜこうなったか?〜さてバキュームポンプ付いたコックです

 

エンジン始動しないとガソリン落ちませんなのに?原因突き留めないと

 

年数たっているがフロート&パッキンは交換されている様子

 

写真下

パイロットスクリューです、このスクリュー、始動&アイドリング、低回転領域に大きな役目をします

小さいパーツですがとっても重要なパーツになります

組み付ける場合は軽くいっぱいまで締め込み2回転戻しです戻すとガソリンは濃くなります、マスター合わせといいます

これでほとんどOKです、今はインジェクション、キャブレターあまりばらしたことのない方の

参考になれば幸いです。オーバーホールして正常に戻ることを期待して組み込みます( ´艸`)